シンプルメジャーリングツール SMT / SMTD

主要な規格はねじゲージと同様ですが、一部の仕様をオリジナル化している為「ねじゲージ」の名称は使用せず、「めねじ簡易測定工具 SMT/SMTD」として区別しています。

特長
  • めねじ精度測定で重要な「単独有効径許容差」・「ピッチ許容差」・「山半角の許容差」はねじプラグゲージと同様に製作されています。高級素材(HSS)を採用した事により耐久性が格段に延びました。
  • SMT(通り用/止まり用)は、ねじ部先端にステップねじを採用していますので検査作業の負担軽減と効率アップがはかれます。カラーマークを施していますので、通り用・止まり用が一目でわかります。又、通り・止まり別個で購入できますのでコストダウンに貢献致します。
  • SMTDは、二連式になっており、通り・止まりの検査を連続した一回の検査で完了できます。
  • サライ溝採用により、「サライ加工」+「簡易測定」と一連の作業でおこなえます。
  • 測定機に装着する事で「機械的測定」が可能です。
  • 止まり穴でご使用される場合は「ねじ立て長さ」と「SMTDのねじ長さ」の比較検討が必要です。
  • 関連商品のタップ下穴用チェックピンとの併用により、安定した「確かなねじ」が容易に実現します。