標準タップシリーズ(切削タップ)

標準タップシリーズは<HT(ハンドタップ)>、<SP(スパイラルタップ)>、<PO(ポイントタップ)>の3種類の形状をラインアップしております。幅広いご要求におこたえできるよう、メートルねじはもちろんのことユニファイねじ、ウイットねじまで充実した寸法範囲となっております。

HT(ハンドタップ)の特徴

  1. 切りくず収納を考慮したストレート溝を有した切削タップです。
  2. 食付き部の長さ(山数)により(先)タップ、(中)タップ、(上)タップの種類があります。

SP(スパイラルタップ)の特徴

  1. 切りくずをタップ進行方向とは逆(手前)に排出するように溝がねじれた切削タップで、止り穴ねじの加工に最適です。
  2. 切削性が良好なため、粘い材料にも適しております。

PO(ポイントタップ)の特徴

  1. 切りくずをタップ進行方向に排出するようにポイント溝が施してある切削タップで、通り穴ねじの加工に最適です。
  2. 切りくずの障害が少ないため切削トルクが低いのが特徴です。

適応範囲

詳しくはカタログまたは商品検索よりご確認ください。