管用タップ(切削タップ)

管や管用部品の接続で、機械的結合だけを主な目的とする場合のねじ立てに用いられる切削タップです。

特徴

  • 平行ねじ用とテーパねじ用があり、平行ねじ用は通常の機械的結合に使用される平行ねじを加工する場合、テーパねじ用は水道管・ガス管等耐密性を要するテーパねじ(円錐状に直径が次第に減少しているねじ)の加工に使用します。

詳しくはカタログまたは商品検索よりご確認ください。