関連商品

特殊な環境下での作業に最適な切削工具も豊富ラインナップ。この他にも現場のニーズに合った、確かな精度の商品を多数取り揃えております。

種類と特徴

タップ下穴用チェックピン

「確かなねじ」の為に正確な下穴管理を!!

  • 「確かなねじ」を提唱するYAMAWAはタップ下穴径を簡単で正確に確認できるツールを準備しました。

めねじ簡易測定工具

主要な規格はねじゲージと同様ですが、一部の仕様をオリジナル化している為「ねじゲージ」の名称は使用せず、「めねじ簡易測定工具 SMT/SMTD」として区別しています。

  • めねじ精度測定で重要な「単独有効径許容差」・「ピッチ許容差」・「山半角の許容差」はねじプラグゲージと同様に製作されています。高級素材(HSS)を採用した事により耐久性が格段に延びました。
  • SMT(通り用/止まり用)は、ねじ部先端にステップねじを採用していますので検査作業の負担軽減と効率アップがはかれます。カラーマークを施していますので、通り用・止まり用が一目でわかります。又、通り・止まり別個で購入できますのでコストダウンに貢献致します。
  • SMTDは、二連式になっており、通り・止まりの検査を連続した一回の検査で完了できます。
  • サライ溝採用により、「サライ加工」+「簡易測定」と一連の作業でおこなえます。
  • 測定機に装着する事で「機械的測定」が可能です。
  • 止まり穴でご使用される場合は「ねじ立て長さ」と「SMTDのねじ長さ」の比較検討が必要です。
  • 関連商品のタップ下穴用チェックピンとの併用により、安定した「確かなねじ」が容易に実現します。

ホルダー

ジョイントツールを取り付けて使用します。

  • 150mm用・200mm用をラインナップしております。

医療用工具・医療用部品(メディカルツール)

工業用特殊精密切削工具の生産技術を活かし、各種医療用工具・医療用部品を製作しています。

  • 歯科インプラント手術用工具から骨折・人工関節埋設手術工具に至るまで、各種の医療用タップ・ドリル・リーマを製作し、医療用機器メーカー要望にお応えします。

精密タッピングマシン microtapⅡ & megatapⅡ & Jobtap & TTT System

タップ折損トラブルを皆無にする画期的な精密タッピングマシンです。

  • ねじ加工と同時に加工トルクを検知し、主軸の回転をコントロールするのでタップの折損が有りません。
  • 事前に折損トルク以下の最大制御トルク値を入力すると、それ以上に加工トルクが加わった時には、自動的にストップされます。特に小径タップ加工時の折損防止に大きな効果を発揮します。
    ※パソコンを接続すれば、リアルタイムで加工トルクデータが取り出せるので、加工状況の管理試験研究機として多様な活用が可能です。また、赤外線温度センサーにより、タップ先端の温度測定が可能です。(TTT Systemのみ)

切刃研削装置 CH-C & CH-D

安定した再研削を実現する切刃研削装置です。
タップ・ドリル・リーマ・カウンターシンクなど各種の切刃研削に使用できます。

  • 2溝・3溝・4溝の工具の切刃逃げ面の再研削が適切にできます。
  • ストレート溝工具は分角誤差の少ない溝研削ができます。
  • 工具の取り付け・取り外しが容易で使用方法も簡単です。
    注)切刃研削装置は、アタッチメント方式なので別途研削盤が必要となります。

ねじ有効径測定器 PD-S & PD-L

ISO9000sの品質管理システムに真価を発揮します。

  • ねじゲージの定期校正は品質管理上の重要項目になります。
  • PD-S & PD-L は、ねじプラグゲージの外径と有効径をミクロン単位で測定します。
  • また、タップ外径・有効径・谷の径や円筒部品の外径も高精度に測定します。

詳しくはカタログまたは商品検索よりご確認ください。